起業をするために必要なことと注意すること

  • by admin

起業をする目的と意義

起業すると決意を固めたら、それに伴った目標を設定しましょう。企業してそのビジネスで何を達成したいのか、具体的には自分の年収を何%増やすとか、会社の上場を目指すなどです。目標設定は自分一人のものでなく、仲間となる社員にも共有できる経営理念となるものが望ましいです。

取り組んでいく事業の方向性

事業内容は会社をカテゴライズするために絶対に必要な決定事項です。自分の経験してきた業界や培ってきた能力を新しいアプローチで勝負するのもいいでしょう。賞賛が見込めて、利益が生まれる戦略を練りましょう。

資金調達の方法を考えておく。

自分の資金を使う以外は銀行や投資家の融資や株式の発行によって会社の運用資金を調達することになるでしょう。その場合は将来性のあるビジネスであることは大前提で、融資してくれた相手にどんなリターンやメリットかあるが具体的に説明して納得させるだけの交渉術が必要です。お金を運用させて会社を維持していく力は経営者に一番必要な能力です。

どんなひとが起業に向いているのか

目標に突っ走ることができる人が向いているでしょう。ちょっとした挫折や指摘で躊躇してしまう人は残念ながらあきらめたほうがいいです。

野心を持って、笑われることを恐れずに夢を語ることができる人が成功をおさめるのです。

まずは小さな利益を生み出すことから

お金を儲けだけを考えるのではなく、まずは純粋に小さな利益を目標にして、それを達成してみましょう。

小さな施成功体験を積み重ねて自分の仕事を楽しみましょう。心から仕事を楽しむことができれば、起業家として成功したようなものです。

フランチャイズとは、お店の看板やサービス、商品などを使い営業する権利をもらい、その対価を本部に支払う仕組みのことをいいます。