値段はいくら?知らない人も多い貸し倉庫の相場とおすすめの使い方

  • by admin

貸し倉庫の特徴と注意点

荷物を預け入れることができる貸し倉庫は、需要の増加と共に地域を問わず様々な場所で気軽に利用することができるようになっています。

貸し倉庫は不動産業者が管理、運営をしている建物を契約者に貸し出す物で、賃貸マンションを借りるのと同じイメージです。そのため、借りているスペースにおける盗難を含めたセキュリティ対策や空調完備については、原則契約者が行う形になります。

レンタルの相場と安く借りるコツ

貸し倉庫を利用する上で気になるポイントがレンタルに掛かる費用です。前述したように貸し倉庫は不動産業者が所有する建物を貸し出す仕組みとなっていることから、スペースがもちろん、土地代によってもその費用は大きく変わります。

こうした理由から同じ広さであっても東京を始めとした大都市圏は若干高めに設定されているケースは少なくありません。そのため、場所にこだわりがないのであれば郊外にある貸し倉庫を選択することで費用を抑えることができます。

おすすめの貸倉庫の使い方

貸し倉庫に預けられる物は可燃性の高い物など危険物を除いて特に制限は設けられていないのが一般的です。

おすすめの使い方として挙げられるのが自宅で収納に頭を悩ませることの多い利用頻度の少ないアウトドア用品の預け入れになります。スキー板やサーフボードなどシーズンが限られている上、かさばる道具などを預けることで自宅の中をスッキリさせることができます。

そのほかにも、会社として契約をして使用していないコピー機や机といった備品を預ける場合にも最適です。

今の時代は物流なくしては考えられません。例えば、宅配便、郵便配達などは10年前には考えられなかったサービスが展開されています。物の流れの仕組みを日々考えると、商品の価格などを予想することができます。