社員研修とは何か?どのような研修が有効なの?

  • by admin

社員研修とは何なのか

社員研修とは、新入社員はもちろん在籍年数の長い社員に対して行われる研修のことです。新入社員の研修は基礎基本が中心ですが、それ以外はグループワークなど高度な研修が行われる可能性が高いです。

自社だけで研修を行う場合もありますが、外部に依頼して行う場合もあります。自社であれば費用を抑えることができますし、抱える問題をダイレクトに解決できます。対して外部は費用こそかかりますが研修のプロなので効率良く情報を提供します。会社の予算や実情に合わせて研修が決まります。

そもそも研修は必要なのか

研修は、法律などによって義務付けられている訳ではありません。つまり、研修が有るか無いかは会社によるとしか言えません。ただ、研修は有意義なものなので開催した方が社員の成長が見込めます。日々、仕事に追われていると他の会社や業界がどのような変化を遂げているかなかなか注視できません。常に他の動向を見ていないと、自分達の会社が競争から取り残される可能性もあります。現状を見直し、次の一手を考える為にも社員研修という形で時間を設けた方が有益です。

ユニークな研修もある

基礎基本や業界を学ぶだけが研修だけではありません。グループワークをしたり、社長になったと仮定して戦略を練るなどユニークな方法もあります。徹底的に精神面を鍛えるような研修もあり、人材を成長させる為の手段は多くなっています。

もちろん、外部に依頼するのではなく自社でユニークな研修を考えるのも悪くありません。その評判が広まれば、会社の宣伝にもなります。

管理職研修は、部下を適切にマネジメントしていく人材を育てるために行われます。会社の中核を担う管理職の育成は、ビジネスの成功に欠かせないものと言えるでしょう。